8月28日名古屋レインボーホール第2部


MC。
やっぱり中丸のカツラネタ(笑)いい加減かわいそうに思えてきたよ・・・。
「なんかこの髪型がカツラっぽいんだよ。」
中丸「ちゃんとセットしてるんだけどさぁ。」
仁「でも前髪濡れてるじゃん。」
カメ「外雨降ってるからね。」
中丸「いや、でもオレ出てねぇもん。」
カメ「お前せっかくフォローしてやってんのに。」


「それにしても中丸ビートボックスすごいよねー。」
中丸「今回は名古屋バージョン。」
仁「なんかルパンとか言ってなかった?・・・キュキュキュ・・・ルパァ〜ンって。」
中丸「いや、言ってないから!!ジャパン名古屋って言ってたんだけど。」
「中丸、他になんかできる?」
「トライアングルは?」
中丸「トラ・・・?あーでき・・・できねぇよ!!」
カメ「オレできるよっ!!・・・(マイク離して)ン、ン、アー(生の声だぁ・・・)・・・・・・チィン。」(まったく似てないけど可愛さでカバーできる)
「じゃあ木琴は?」
中丸「もっ・・・?あーできねぇ。」
カメ「オレできるよっ!!・・・ポコッ。」(聞き流してあげよう)
「カスタネットは?」
中丸「カス・・・?できねぇから。」(律儀に毎回言い返す中丸)
カメ「オレできるよっ!!・・・カチ。」(彼はがんばりました)
仁(かな?)「ねぇねぇ。上田のこの顔。やってらんねぇって顔してるよ。」
上田「・・・そんなことないよ。」
「じゃあさ、今のカメ見てどう思った?」
上田「・・・子供らしくていいんじゃない?」
仁「んなこといってるけどさぁ、去年の時のあいさつコイツ(上田)のマネ。「こんにちわぁー!!上田竜也でぇす!!今日は(なんとか。でもあとから違うって言われてた)」とかってさぁ。」
聖「つーかみんなもうちょっとかつでつ・・・かとぅ・・・か・つ・ぜ・つ、よく喋ろうぜ。」(キミが1番噛んでいる)
中丸「マイク通すとすんげぇモゴモゴ言うからね。」
「風間俊介みたい・・・。」
仁「タッキー&翼ぁー!!(風間のマネ)みたいな?」(ちょっとだけ似てた)
---何かの話から上田が
上田「ギターやってた!!」(これまた高音の可愛らしい声で)と言って。
それを見て、いきなりカメがステージから消えて・・・
仁「上田は何をやってたの?」
カメ「(上田のマネで)ギターやってた!!」
しばらくステージに戻らないカメ。「カメ?」「何やってんの?」とみんながカメのいなくなった場所を覗きこむと・・・
反対側から登場するカメ。場所的に中央ステのヒョウ・キリンステの間のはけ口で消えて、ヒョウ・ロバステの間のはけ口から登場。
仁「お前これがやりたかったんだ!?」


そして、気合なのかオールバックにした田口。
カメ「オレのスプレーいっぱい使ってたんですよぉ。」
仁「「赤西くん、これでいいかなぁ?」って聞きにきたんだけど。」
「スッゲェ気合入ってるよね。」
「また衣装脱いじゃうかもしれない・・・。」
「去年はすごかったですからねー。」
カメ「だってオレ今回、常に田口チェックしてたもん。・・・よし、まだ脱いでないって。」
田口「まぁーいっしょ?(衣装)」
「そりゃないっしょ?」
聖「お前らちょっとしつこいっしょ?」
「オメーもだよっ!!」
カメ「衣装といえばね、田口のソロの衣装お手製なんだよね。」
聖「オレもソロの衣装、自分で刺繍したからね。お母さんに聞いて1つ1つ。」
カメ「あれでしょ、絶対こうやってて「あ、痛っ!!」(といって指を舐める)ってやるんでしょ。」
聖「そう。ミシン欲しかったぁー。」
カメ「そういや今ってミシンでミッキーとかの刺繍できちゃうんだよね!!こう、なんかいれると自動的にガーッて。」
「無地のヤツ買ってきて、「これやっといて」っつってたらミッキーできてるんだもん!!」
「今のミシンは、ミッキーの刺繍ができる。49万へぇ。」
「多っ!!」
「仁のソロ曲もね、自分で作詞でしょ?」
仁「うん。このHesitateって戸惑いとかためらうって意味でね。」
「あれだもんね。ロマンエッチ。」
カメ「18禁並だよ。」
仁「・・・・・・はぁー!?」(マイク使ってなかったけどめっちゃ聞こえるくらいデカイ声)
「何がはぁ!?なんだよ。」
仁「だって18金とかって・・・意味わかんねぇって。」
「・・・18歳以下禁止の18禁だよ?」
仁「・・・あ。そうか。うっわオレ金銀の18金かと思ってた。」(さすが仁!!)


---こんな感じのMC。ここらへん酸欠で記憶があいまいでございます(笑)




暴走族のシーンはボイパ中丸のカツラ(アフロのほう)が落ちるハプニングあり。
これを黙って見てるはずでないのが彼らです。
イスとりゲームは珍しく(笑)中丸が最後まで残る。
音楽が鳴り止んだ瞬間、イスに近いのは彼だったはずなのになぜか座れず。
結構動作遅かったかと・・・(笑)
優勝は・・・松・・・本?(聞くな)チビッコ再び。




コント。
田中は・・・覚えてないんだけど(田中好きのクセに)
ゴマドレッシングは「産まれる・・・」とか言ってた。な、生々しい・・・。
ドゥーンは「美容院」。草野「パートT。」小山「いらっしゃいませ。今日はどうされますか?」草野「ん〜夏なのですっきりヘアーにしてください。」小山「わかりました。・・・バリカンとってくださーい。」草野「ぇえっ!?・・・パートU。」小山「いらっしゃいませ。今日はどんなモヒカンにされますか?」草野「それだけ!?・・・パートV。」(・・・は忘れた)
毎度のことながらドゥーンはいい味出してますよね。




その他に。
最初、客席に出てくるキャラクターたち。素でコケているロバ
着ぐるみといっしょに踊るトコ。上田は味噌煮込みうどんと共に登場
「オレ名古屋弁できる!!」と聖。「でらべっぴんや」
「名古屋って大阪弁?」仁問題発言
アンコールは「Rocks」〜「DRIVE ME DRIVE ON」〜「ハルカナ約束」
サイン色紙を投げる時。最後の1枚にキスをしたカメ
最終アンコール「ハルカナ約束」。仁「田口!!アクロバットしろっ!!」その後、マイクをはずしてバック転する仁
↑の「ハルカナ約束」。歌詞の「♪ナモナイヤクソク」等「ヤクソク」の部分、手を下ろす振り(わかるかな?)リフターに乗っていた聖は小指を立てていた(指切りとかみたいな感じ)
いつだったかの「ハルカナ約束」。特効に1人ビビる聖
MC中、例のごとく抜ける上田。今回は何も言わずさっさとはける。カメ「あれ?行っちゃった。でも上田くんなら出てきてくれるよね。まさか出てこないなんてないよね。」・・・出てきた(笑)その後、意味不明な不思議なポーズ(お、踊り?)をしてまたはける。ネタがなくなったか
カメ「耳をすませば・・・」中丸「棒に当たる?」
誰かが「そろそろソロをね・・・」田口ではなかった
カメ「赤西くんの半分は優しさでできてるんです」
やっぱりこの公演の見所は、カメソロ曲「HA」での台宙
---こんなこともありました。
最後だからなのか。
台宙を成功できなかったからか。
最後に1人ずつあいさつするところで、1人うつむきこぶしに力をこめるカメ。泣いてるかどうかはわからなかったけど少し震えてるっぽかった。友達曰く、飛ぶ前に十字を斬っていたとか。
ケガをおしても台宙をしたカメ。着地は滑ってしまったけど、彼の意思は伝わりました。ココロにきました。
自分は見ていないけど、ズボンが脱げた田口や、少し涙腺の緩んだ上田など。
この夏でまた少し成長した彼らは最高の仕事を成し遂げました。
ありがとう。そしてお疲れ様でした。
2003.8.28 名古屋レインボーホール



広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー