8月24日大阪城ホール第2部


MC。
やっぱりみんなにカツラネタでからかわれる中丸。
アリーナ席のお客さんが「カツラー!!」と叫び、急いで「シーッ!!シーッ!!」ととめる聖。
カメ「今日はあえてカツラネタ出さなかったのにさぁ。なんか飽きてきたしね。でもやっぱ出てきちゃあねぇ。」
中丸「オレは飽きる前にうんざりだよっ!!」
その後もいろいろカツラネタ出されて・・・
仁「オレさぁ中丸に新しい名前考えたんだよね。」
中丸「え、何?変なの?」
仁「コイツさぁ、本番中なのに靴に納豆ついてるの!!」
爆笑するお客さん。いや、だって納豆って・・・(笑)
聖(だったかな?)「Kaツラ Ah Taiヘン Thank U Nattoだよね」
「そういやこのKo年モ Ah Taiヘン Thank U Natsuってみんないろいろ意見出したじゃん。それ全部落とされたよね。」


カメ「今オレの待ち受け中丸なんだけどさぁ。」
中丸「なんか最近よく携帯見て笑ってるよね。うわっ思い出し笑いしてるぅーとか思ってたんだけど・・・オレなの!?」
カメ「うん。鼻。」
聖「コアラっぽいよね。」
ここらへんでまたいじめられる中丸。なんかいじめられすぎーとか言ってたら誰かが
「お前いじめられるのは愛されてる証拠なんだよ。」仁だったかな?
カメ「だって上田の部屋、中丸のポスター貼ってあるもん。」
みんな「えっ!?マジで!?」
上田「・・・ウソ。」(超低音)
仁「お前このMCでの最初の言葉が「・・・ウソ。」(←上田のマネ)なの?」
「上田って声渋いよねー。」
次々と上田チックに渋い声で喋り出すみんな。
聖「待って。こうみんな声渋いとつまらないんだけど。」
仁「プーさんとか声低かったら「ボクプーさん」(超低音)って感じ?」
カメ「「ハチミツ頂戴」(超低音)とかね。」


カメ「大阪といえばあの、グリコの看板!!今阪神の着てるよね。」
といってグリコのポーズをするカメ。しかも足の上げかた微妙に間違っててどこかの戦隊モノみたいで(笑)
カメ「オレUSJのウッドペッカーのマネできるの!!ホラちょっと、この前タッキーといった時のアナウンスやって!!」
仁(か聖)「それでは出てきてもらいましょう!!タッキ−!!!(アナウンス風に)」
カメ「ウッピーウッピー」
なんて言ってたのはわかんなかったけどお客さんの反応から似てる(またはただ可愛かった)んだと思われます。
ちなみにウチの学校の某部活のチーム名ウッドペッカーズです(←アンタいい加減学校バレるよ)
カメ「オレこう見えて結構大阪よく来るんだよ。たぶんねー東京Jrの中じゃ1番よく来てるよー。」
お客さんめちゃ喜んでたんだけど、大阪人じゃないので素直に喜べなかったり・・・。
---ここらヘン大阪の話になるんだけどよくわかんなくて(笑)
カメ「あの、道頓堀の橋も渡った!!すごいねーあれみんな関西弁なの。こう2人で歩いててさぁ「なんでやねん!」って。」
と中丸をつれて歩きながら。その「なんでやねん!」で中丸にツッコむんだけど中丸「イテッ!!」って(笑)
「どうせだから今からMC関西弁でやらない?」
「あんましゃべんない田口とかどう?」
ここで田口が関西弁(まがいのもの)を喋るんだけど、これがまたできてない(笑)標準語なのでした。
カメ「なんかあれみたいだよね。「食べたでしょ。」「食ーべーてーなーい。」のやつ!!」
たぶんこれホットペッパーのCM。「ケチャップついてるよ。」「僕のクーポン使って?」とかの。うん。似てた(笑)
「じゃあ上田は?」
「ホラ向き変えろよ。お尻ばっか見せんなって。」(いい気配りだ。仁だったかな?)
上田「・・・・・・・・・」(←考えてるのか喋らない)
「いや、喋れよ!!!」
上田「昨日、緊急手術してた。」(イントネーションは「してた」が「↑→↓」なカンジ)
「なんの手術だよ!!」
上田「いや・・・サングラスの・・・。」
どうやら本当に昨日サングラスが壊れてしまったらしい、と説明する仁。
仁「あれで直せばよかったのに。アスファルト。」
「アロンアルファだろ!!」
接着剤のアロンアルファをアスファルトと間違えた仁。ハズかしー!!笑
聖「コンクリートじゃないんだから」


聖「ねぇねぇ!!これ知ってる?キリンの鳴き声!!」
「は?キリンの鳴き声?」
聖「うん。キリンってモーって鳴くの。」
カメ「へぇへぇへぇへぇ・・・・・」(←へぇボタン連打)
「キリンは、モーと鳴く。45へぇ。」(トリビア風に)
「え、45って少なくね!?」
「じゃも1回も1回!!」
聖「そうそうそう。お前ら知ってる?キリンってモーって鳴くんだよ。」
「キリンは、モーと鳴く。45万へぇ。」


---中丸とカメがマイクなしでも笑う様子が伝わる、とか言ってオーバーリアクションして。
「じゃあ喜怒哀楽の怒!!」とリクエストされ、怒をやるんだけど・・・。
笑う様子はお腹抱えて後ろに反っていかにも笑ってるってカンジなんだけど、怒はなんかノシノシ歩いてるカンジでね。
仁「中丸ドンキーコングみたい。」と。禁句禁句禁句!!
中丸「あーもー!!お前ぶっ殺すっ!!」とか仁に暴言吐きまくり(笑)
そこで「なんだと?」などと険悪な雰囲気に・・・
聖「おい、中丸やめろって。赤西もやめろよ。お前らケンカすんなよ!!」
そして去年のコンのケンカシーンを自分たちでBGM出しながら踊り出す中丸仁聖。
「ベストフレン〜」歌うカメ(笑)
しゃがみこむ仁。「仁?」近寄るKTTNの4人。
仁「あ・・・足つった・・・っ!!」
聖「お前さぁ今までスッゲェ歌って踊ってたのになんで今ちょっとこう(と言ってケンカシーンの振りをする)やっただけでそうなるの。」
仁「いや、このお姉さん指がさ・・・ピーンって。」(ここで薬指と言わないところが仁らしい)
カメ「てゆうかさ・・・仁が足つったっつってみんな心配して駆け寄ってんじゃん。なんで上田は動かないんだよっ!!」
上田「え・・・・・・フフッ(←わかるでしょ?いつものあの不思議な笑い!!)」
「少しは心配しろってぇ〜。」
仁復活で立ちあがる。
上田「でもオレ赤西好きだよ。」
聖「告白すんなよ!!」
「え、どこがどこが?」
上田「え・・・・・・性格。」
仁「うわーオレ初めて男に性格が好きって言われたぁ。」
とそこにアリーナ席から男声で「サイコー!!」と(笑)
「えぇっ!?今お父さんの声したよ!?」
もう1発そのお父さんが「カッコいー」とか言ったのかな?きこえんかったけど
仁「あーでもオレカッコいーとか女のコに言われたいのにぃー・・・。」(←絶対コイツ狙ってるって思った)
当然客席からは「カッコいー!!」とか「素敵ー!!」とか「大好きー!!」って来るでしょ。
バッタリ倒れる仁。失神か(笑)←違う
カメ「おい!ステージから落ちて腰打つなよ!?」(こうフツーにケガのこと出せるようになってよかったねぇ・・・)


カメ「そういやさぁ、上田ってこう見えて実はメール大好きっ子だよね。」
「なんか違う家にいるのに「今からお風呂入ってくるー」とか来るもん!!」
「しかも絶対絵文字は使わない!!」
「顔文字ばっかだよね。」
上田「え・・・だって顔文字のが可愛いじゃん。」
「え!?なにお前可愛い系狙ってんの!?」
上田「・・・狙ってるよ。」
聖「あのさ、今この会場のお客さん1人1人に「上田くんは可愛い系とカッコイイ系どっちですか?」って聞いたら間違いなくみんなカッコイイ系って言うよ?」


なんかの話から遠足の話になって---
カメ「おやつは300円までね。」
仁「バナナはおやつに入りますか?」
「いたいた!こういうヤツ!!」
仁「でも今のおやつ300円じゃ全然買えないよね。」
カメ「オレ絶対5円チョコ買うー。」
仁「そう!!オレの地元の筆記用具屋さん5円チョコ10円で売ってんの!!」
・・・筆記用具屋さんにおやつって売ってるものなんですか・・・?(笑)
カメ「でさ、いっぱいおやつ食べちゃって夕ご飯食べれないんだよね。」(←今「夕ご飯」の「夕」が「雄」って出てきた。怖い・・・笑)
田口「おっかしー!!ってね。」(おそらくお菓子とかけたんだと・・・)
仁(かカメ)「田口ってさぁ最後に「ぜ」がつくときって絶好調な時なんだよね。」


今回はそれぞれキャラクターが決まってるってことで---
カメ「なんかさぁみんないいじゃん。仁はヒョウとか聖はオオカミとか・・・オレ選択の余地なかったもん!!」
仁「そうだよねー。カメは亀だしぃー上田はロバだしぃー・・・」
中丸「つーかお前の話はオチがねぇんだよ!!」
カメ「キャメってゆうんだよ。オレのあのキャラクター。キに、ちっちゃいャに、メ。」(突然言い出すんだよ、この子)
聖「ビックリしたー。頭狂ったのかと思った。」
仁「ねー。いきなりキャメって。」


「今回のこのコンサート、みんないろいろ気合入ってるよね。」
「そうそう。田口のソロの衣装とかお手製だもんね。」
聖「オレもソロの衣装の下に着てるシャツ、自分で刺繍したんだよ。」(雑誌でいってたやつだよね。STAN)
カメ「このさ、ステージのKAT-TUNっていう字、聖がデザインしたんだよねー。」
聖「まぁね。」(照れてる・・・可愛い・・・)笑
カメ「でもこのステージ作ったのはオレだから!!」
仁「3日3晩寝ないで。」
カメ「そうそうそう。」
「違ぇだろ!!」
カメ「あと中丸のあれもすごいよね。ボイスカーパッション。」(ボイスパッカーションだったかも。とにかく間違えてた)笑
中丸「うん。ヒューマンビートボックスってゆうんだけどね。」
やっぱりお約束でビートボックスを披露してくれる中丸。う、うまい・・・ってかキュキュキュ・・・
「仁もソロ自分で作詞してたりね。」
仁「このHesitateって戸惑いとかためらうって意味なんだけどぉ」
カメ「戸惑いながら、ためらいながら作詞したんだ。」


次のソロの準備のため途中でMCを抜ける上田。
「ちょちょちょ!!あの人なんかフツーに抜けるんだけど!!」
上田「あーネジ切れた。」
仁「なんかもう無理があるよね。最初はエサもらってくるとかさぁ。」
聖「知ってる?上田って2種類いるんだよ。ネジ式とゼンマイ式。」
「今のはゼンマイ式なんだ?」

---とまぁ、MCで覚えてたのは大体こんな感じの流れです。




あとは暴走族のシーン。
イスとりゲームで優勝したナカタコウジ(聖)。
カメに「それでは一言どうぞ」といわれ焦るナカタ。どうやら聖はこの手に弱いらしい(笑)
なかなか喋らないナカタにカメ「場繋ぎしようか?ボクプーさん(超低音)」とプーさんアゲインしたり。
結局「〜があればなんでもできる!!1.2.3.だぁーっ!!!」猪木で締める。
実はこの時カメに名前を忘れられたナカタコウジ。
カメ「優勝は、・・・えーっと・・・」聖「ナカタコウジです。」カメ「ナカタコウジィー!!!」ってね。
このイスとりゲーム、1回戦でボイパ中丸破れ、2回戦で1つのイスをめぐってうっくん(上田)と小山が席を譲り合う(笑)
場所的にヒョウの位置だったけど「どうぞどうぞ」「あ、いえいえ、お構いなく」「イヤイヤどうぞ」な感じで
小山が座ったんだけど、中央に敗者が集まる時カメ「ちょっと今の上田男らしかったぞ!!今ねー上田くん席譲ってあげてたんですよー。」
上田株上昇・・・。しかもこの自己紹介の時の上田は「うっくんです!!」と超高音。あ、あれ?渋声は?


コント。
田中。とスタンドバイミー、ドゥーンが登場。
田中は「プリクラ」をお披露。これ前どっかで見たことある気がするんだけど。
「フレームを選んでね。」「よーし。これにしよっ。」「・・・ダッサ。」「うるせぇよ!!」「それじゃあ撮るよ。」3.2.・・・カシャ「早っ!!」「もう1度撮るよ。」3.2..・・・・・・・・・「あれおっかしい・・・」カシャ「遅っ!!」
こんなヤツね。
スタンドバイミー組はおもろくもなし、意味もわからない、何を言ってるのかもわからない(言いすぎ)なので覚えてないです(笑)
ドゥーンは「天気予報」
草野「パートT。あー明日は憧れのあの子とデートだぁ。心配だし天気予報見とこっ。」小山「こんにちは。天気予報です。明日の天気は晴れ・・・かな?」草野「お前が調べろよっ!!」
パートUはちょっと覚えてなくて・・・。草野「パートV。」小山「こんにちは。天気予報です。明日の天気は晴れのち曇り・・・のち、雨・・・のち・・・草野っち!!!」
うーん。可愛らしい(笑)




その他に。
自分たちに着ぐるみと一緒に踊るトコで「鼻が似てます!!見れば見るほど似ています!!」と言われ続けるコアラ中丸
キリンの泣き声45万へぇの前に何かで14000へぇを獲得
いじめられる中丸をかばって「オレ今日はいい人演じるから!!」と叫ぶカメ
暴走族シーンで上田のミニバイクみたいなのが動かなくってスタッフさんがステージに上がって直してたり
その上田を追いこす仁が「先行っちゃうぞぉ」なんて言ってみたり
仁に「カツラ2個重ねんなよ」といわれる中丸
「大阪にようこそー!!」というカメに「ここはお前のものか!!」と誰か(聖かな?)がツッコんだり
後ろ向きでお客さんに手を振る仁が振り向いた瞬間セットにつまづきコケそうになったり
アンコールの「Rocks」でサビに入る前、カメが仁を誘い「信じられる」の部分を2人でお祈りポーズしたり(みんな「キャー!!」って叫んでたけど1人だけ「あぁぁ・・・」とか違う反応してました)笑
アンコールの後、1度は消されたステージの照明も「アンコール」コールが(なんか変)鳴り止まなくて「大阪最後だしも1曲いくか!!」と「ハルカナ約束」歌ったり(たぶん予定になかったんだと思う)
カメか仁が肩にかけてたタオルをアリーナ席のお客さんにあげてたり
「ハルカナ約束」は4,5回聞いたり
カメが「MY ANGEL YOU ARE ANGEL」をデュエットしたい!!ということでお客さんと一緒に歌ったり
田口はご飯とかの誘いは来ないのに遊園地とかのお誘いは絶対来る、なんて事実が発覚したり
大阪の人は反応がシビアだよね、とか言ってたり
コアラに似てる→ルイージに似てる→ヨッシーに似てる。聖に「お前はマリオにはなれない。1番にはなれない」といわれる中丸。「ルイージ以外人間じゃないよね。しかもみんなアニメだよね・・・」中丸ポツリ
最後のアンコール「ハルカナ約束」で仁が「なにも怖くないEveryday」を「今日はありがとうございます」に替えてたり
MC中、客席から何回も聞こえる「タッちゃんもっと喋ってー!!」が微妙にうるさかったり(関係ねぇよ)
カメが「キャッツ!!」とダンディ坂野のマネをしていたり
---こんなこともありました。
なんとグッズ売り場では1部と2部の間にもかかわらずカメ、仁、全員のポスターが売り切れ状態に。うそーん
2部終わって、も1回いったら仁の下敷きも売り切れでした。
に、人気の差がわかっちゃうじゃん・・・(笑)
大阪サイコーゥ!!とか連発してたけど、きっと名古屋でもそれ言うでしょうね。
中丸のナマ手ェヒラヒラも、ビートボックスも(息苦しそうだったなー)、仁、カメのナマ腰振りも、あまり聞きたくなかった(笑)田口のギャグも、あんま聞こえなかったけど(笑)上田のギターも(歌うまくなってましたねー)、聖のナマラップも!!!
聞けてよかったです。
「これからもKAT-TUNについて来いよー!!!」
ついていくさ、もちろん。
2003.8.24 大阪城ホール



広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー